読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛蔵版

人工知能搭載型セクサロイドSRK-c

※当記事は実在の人物、団体、企業、SHIRAKO.ちゃん、その恋人、及びオリエント工業には一切関係ありません。 「目が覚めた時、私は私が何のために生産されたのかを知っていた。感情や快楽などというものは持ち合わせていなかったが、喘いだ声の出し方や、こ…