読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜の午後の憂鬱。

だいぶ乾いてしまったチーズを
だいぶしけてしまったクラッカーに
乗っけて一緒に食べながら
ああ、ちょうどいい関係だな、
って、そう思ったんだ

吸ってたタバコは途中で折れちゃって
お香の煙もいつの間にか消えちゃって
なんかそういう無意味が、無為が、
とにかく悲しく思えたんだよ

色をなくしてしまった様々な事象
今も思い出してって泣くんだ
とにかく薔薇が綺麗に咲いていて
テレビにはうっすらと埃が積もっていて
でもそんなこともう、
どうだっていいよなぁ

なくしちゃったものがあまりに多くて
それは幸福なことも不幸なことも
めっためたに混ざり切っていたけれど
それでもそんな過去が私には
とても、とても、愛おしかったんだよ

もういいかなぁっていつも思うんだ
逝っちまっても構わないよなって
いつだって思ってるんだ
でもそれも上手くいかなくて
そのうちなんでもないところで
さらっと死んでしまうんじゃないか
その時は多分死にたくないなぁって
思いながら逝くんだろうな

吸い切る前に火種の落ちた
タバコみたいにさ